目・眼 雑学

犬は近視? 種類によって見え方が違う

目・眼 雑学 犬は近視? 種類によって見え方が違う犬の目は、静止したものを見る力は弱いのですが、動くものを見る力、動体視力は比較的優れています。

シェパードを使った実験では、静止したものでは500m以上、動くものなら800m以上離れた標的を見分けることができたそうです。

また、牧羊犬やハウンド犬などは、1500m先の人の動きに気が付くことができると言われています。

よく犬は近視であると言われていますが、実はその種類によって異なり、見え方はずいぶん違うようです。

また、犬の視野はだいたい250度ほどですが、頭の幅の狭い犬、ハウンド犬などではもう少し広いようです。

ハウンド犬はもともと平原で獲物を追いかけて狩りをしていた犬ですが、こうした犬は視力だけではなく視野の面でも優れています。

また、以前は「犬は色が識別できない」と言われていたことがありましたが、最近の実験データでは紫、青、黄色の3色が見分けられることが分っています。

ページの先頭へ