目に良いレシピ

白菜

目に良いレシピ 白菜東洋を代表する葉野菜です。やや甘い味はくせがなく、食卓でもおなじみの万能選手です。11月から2月ごろがちょうど白菜の旬で、霜にあたると繊維がやわらかくなって風味も増し、また葉の糖分も増えておいしくなります。
白菜の成分はその9割以上が水分ですが、その中には、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、など栄養豊富です。また、食物繊維も含まれており、便秘の改善や大腸がんの予防にも効果が期待できます。
選び方は、胴がよく張っていて、しりが丸みを帯びている、手で持つとずっしりと重量感のあるものを選びましょう。カットされている場合は、切り口がみずみずしいものがいいです。

目に良いレシピ 白菜と豚バラの重ね蒸し

TOPICS

けっこうこわいVDT症候群

厚生労働省は、平成14年にVDT作業による目や体の障害を起こさないための一定の基準「新VDT作業ガイドライン」を作成しています。

VDT(visual display terminal)とはテレビやパソコンのディスプレイなど、画面を表示する機器のことをいい、VDTを使う作業によって起こる疲れ目、身体の不調などをVDT症候群と呼びます。
厚生労働省のホームページに詳細な情報がありますので、ぜひご覧ください。

厚生労働省のホームページ