目に良いレシピ

七草

目に良いレシピ 七草正月七日に七草粥を食べると、一年間病気せず、健康でいられると言われています。

この風習は、元旦から雑煮やお節の食べ過ぎ、飲み過ぎによる胃腸の疲れを休め、春の七草「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・仏の座・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)」の、カロチンやビタミンの栄養と、いろいろな薬効を体に取り入れる、先人の優れた知恵でもあります。

七草の種類は時代や地方によって異なり、七草がもっと多くなったり、少ない場合もあったそうですが、いつの時代、どこの地方でも、年頭にあたって豊年を祈願し、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらお粥をいただくその気持ちに差はありません。

目に良いレシピ 七草粥