メガネのオオツカ/山形県高畠町

耳あなタイプ補聴器

耳の穴に納まるタイプの耳あな型補聴器です。
CICタイプほど小さくはありませんが、つけていることがあまり目立ちません。
ボリュームコントロールを付けることも可能で、パワータイプも選ぶことができるなど、CICに比べて適応できる聴力範囲が広いのも特長です。
使用する人の耳穴の形状に合わせてシェル(外形部)をオーダーメイドで作成します。
軽度~中度難聴(パワータイプは高度難聴)に対応しています。

耳あな型補聴器

①マイクロホンの入音口:周囲の音はここから補聴器に入ってきます。
②ボリュームコントロール(ボリュームコントロール付の器種のみ)

③電源オン/オフ(入/切)機能
④バッテリーカバー:電池はこの中に挿入します。
⑤音口:補聴器で増幅された音はここから出て、耳に入ります。
⑥グリップ:ここに爪をかけてバッテリーホルダー(バッテリーカバー)を開きます。
⑦ベント:通気孔(ベントがあいていない場合もあります)
⑧プログラムボタン:リスニングプログラムは、このボタンで切り替えます。
⑨テグス:補聴器を取り出す時に使用します。(カナルタイプはオプション


主な特徴

①ボリュームコントロールをつけることができる
②CICよりサイズが大きいので、電池交換や操作が簡単
③指向性の機種を選択できる

ページの先頭へ