メガネのオオツカ/山形県高畠町

耳かけタイプ補聴器

耳の後ろに掛けて使用するタイプの補聴器。
パワータイプやハイパワータイプを選ぶこともできるなど、対象の聴力適応範囲が広い補聴器です。
電池交換等の操作が簡単で扱いやすく、ボリュームコントロールやテレコイル等の機能が搭載されています。
ケースのカラーバリエーションも豊富です。
また、他のタイプにに比べて、電池寿命が長いというのも大きな特長です。
軽度~高度難聴(ハイパワータイプは重度難聴)に対応しています。

①マイクロホンの入音口:周囲の音はここから補聴器に入ってきます。
②ボリュームコントロール(ボリュームコントロール付の器種のみ):自動的に
③電源オン/オフ(入/切)機能
④バッテリーカバー:電池はこの中に挿入します。
⑤音口:補聴器で増幅された音はここから出て、耳に入ります。
⑥グリップ:ここに爪をかけてバッテリーホルダー(バッテリーカバー)を開きます。
⑦ベント:通気孔(ベントがあいていない場合もあります)
⑧プログラムボタン:リスニングプログラムは、このボタンで切り替えます。
⑩フック
⑪導音チューブ
⑫イヤモールド

①広範囲の聴力に適応できる
②操作が簡単で扱いやすく、電池寿命が長い
③ボリュームやテレコイル等の機能が搭載されている
④オープンフィットタイプなどさまざま装用方法を選べる
⑤ケースのカラーバリエーションが豊富である

ページの先頭へ