メガネのオオツカ/山形県高畠町

補聴器の種類

お耳の状態は人によって異なります。

補聴器は、1人ひとりのきこえ具合に合わせて調整します。

大きく分けて4つの種類があります。

【 耳かけ型 】

【 耳かけ型 】
本体は耳の後ろに隠れ、耳の中へ挿入する耳せんとつながっています。
小さいサイズのものは軽いので装用感がよく、洗練されたデザインです。
大きいサイズのものは幅広い聴力に対応することができ、操作もしやすいです。
適応する聴力範囲:軽度~重度の方
価格帯:\42,000~\90,000 (非課税品)

【 外マイク耳あな型 】

【 外マイク耳あな型 】
耳あな型と耳かけ型の長所をあわせ持っています。
マイクを外に出したことにより、本体の大幅な小型化を実現。
音が集まりやすい耳介部分にマイクを置くので、効果的に音を集め、
機械の力だけでは再現し切れなかった自然な音質、自然な方向感を実現します。
さらに、風切り音も抑制します。
適応する聴力範囲:軽度~高度難聴の方
価格帯:\42,000~\90,000 (非課税品)

【 耳あな型 】

【 耳あな型 】
装用者のお耳の形状に合わせ、オーダーメイドで作成します。
手先が器用でない方も装用しやすいよう、工夫されています。
また、メガネや帽子をお使いになる場合も邪魔になりません。
大きさや、耳の形状、難聴の度合いにより3タイプの中からお選びいただけます。

CICタイプ (軽度~中度難聴者向き) ・・・耳の奥にすっぽり入り、最も見えにくい

ITCタイプ (軽度~高度難聴者向き) ・・・やや大きめで操作性も良い

ITEタイプ (中度~高度難聴者向き) ・・・高度難聴にも対応、電池が長持ち

適応する聴力範囲:軽度~高度難聴の方
価格帯:\138,000~\448,000 (非課税品)

【 ポケット型 】

【 耳あな型 】
スイッチ類が大きく、手元で確認しながら簡単に操作できます。
また、本体を相手の口元に近づけてマイクのように使うことで、
よりよく聞こえて大変便利です。
適応する聴力範囲:軽度~重度難聴の方
価格帯:\42,000~\90,000 (非課税品)

ページの先頭へ