メガネのオオツカ/山形県高畠町

補聴器をはじめての方に

補聴器をお求めの前に下記の症状はありませんか?

①耳の手術などによる耳の変形や傷はないですか
②中耳炎などで過去90日以内に耳漏がありませんか
③過去90日以内に突発性または進行性の聴力低下はありませんか
④過去90日以内に左右どちらかの耳に聴力低下はありませんか
⑤急性または慢性のめまいはありませんか
⑥耳あかは多くありませんか
⑦外耳道に湿疹、痛みまたは不快感はありませんか
以上の中で、ひとつでも当てはまる方は、お近くの専門医で検診後にご来店ください。


ご購入までの流れ

カウンセリング どんな時に不便を感じているのか、どういう音が聞こえにくいのかなど、現在の聞こえの状態をできるだけ詳しく話してください。また、補聴器についての疑問や不安なども、遠慮なく話してください。どんな小さなことでも、気軽に尋ねてください。このカウンセリングから補聴器選びがスタートします。
聴力測定 現在の聴力や言葉の聞き取りの状態を正確に調べます。純音の聴力測定と言葉の聞き取りのテストを行います。専用の聴力測定機器やコンピュータを使用して、一人ひとりの聞こえの状態を調べます。ここで調べた情報が、これからの補聴器選びのプロセスのベースになります。
補聴器選び 聴力測定の結果もふまえた上で、使う人の聴力や聞こえの状態、そして補聴器を使う目的、予算などのさまざまな要素を検討しながら、使う人に合った最適な補聴器の候補を選びます。
フィッティング 使う人の聴力や聞こえの状態に合わせて、補聴器の音域や音質出力など、きめ細かな調整を行います。デジタル補聴器をコンピュータにつないで、専用のソフトウェアを使って、どの高さの音をどの程度増幅させれば聞き取りがよくなるのか、うるさいと感じている音はどんな音で、どの程度抑える必要があるのか、などさまざまな要素を検討しながら緻密な調整を行います。
試聴体験 実際に補聴器をつけて音を聞いてみます。静かなところだけではなく、騒がしい場所などいろいろな環境言葉や雑音・騒音などがどう聞こえるかを試してみます。
両耳装用体験 片耳と両耳装用で聴き比べてみます。音の広がりや方向がつかみやすく、言葉の聞き取りがよりよくなります。ぜひ、立体感のある豊かな聞こえを体験してみてください。メガネと同じで、片眼ではなかなか思うように歩くことができません。耳も同じで、片耳装用では思うように聞き取ることが難しい方もおります。より快適な聞こえのためには、中度以上の方には両耳装用をおすすめします。
ご購入 自分に合う補聴器が見つかりましたら、補聴器の取扱いと手入れ方法などの説明をいたします。補聴器のタイプによって、すぐ持ち帰ることができるものと、完成までに一週間程度かかるのもあります。
購入後 1~2週間目の練習方法 つけはじめた最初は、まず1時間程度つけるようにしましょう。少し慣れてきたら、徐々に装用時間をのばしていきましょう。個人差もありますが、今まで聞こえていなかった、まわりの騒音・雑音などが聞こえるようになるのと耳栓で耳をふさぎますので自分の声などに違和感を感じられことがあります。●声に出して新聞を読んでみましょう最初は自分の声の聞こえ方に少し違和感を覚えますが、徐々に慣れていくはずです。●テレビのニュースや天気予報を聞いてみましょう当初は、ニュース番組などからならしてください。(ドラマや娯楽番組などは、背景の音が多く、聞き取りにくい場合があります) 。
購入後 3~4週間目の練習方法 ●散歩や買い物の時などに補聴器をつけたまま出かけてみましょう。車の音、街の雑踏など、自分の周りの音を聞いてみましょう。●屋外や騒がしい場所でも使ってみましょう。 静かな場所だけでなく、騒がしい場所でも聞いて見ましょう。屋外ではできるだけ話し相手と近付いて(1m以内)、聞き取る練習をするといいでしょう。購入後の微調整と点検 ●満足な聞こえになるまで、何度でも微調整を行います。●補聴器の点検を無料で行っております。お気軽に申し出てください。

ページの先頭へ