メガネのオオツカ/山形県高畠町

補聴器と集音器の違い

外見は補聴器と同じ形をしていても、正確には補聴器ではない製品もあるのをご存知でしょうか。

『集音器』、『助聴器』、『音声増幅器』などと呼ばれる製品です。
新聞の通信販売の広告などに多く見られ、形状や価格もさまざまなタイプが発売されています。
見た目は変わりがなくても、補聴器と集音器の間には大きな違いがあります。
補聴器について正しく理解するためには、まず、補聴器と、集音器や助聴器との違いをしっかりと認識しておく必要があります。

【医療機器への認定】

補聴器という名称が使用できるのは、メーカーが厚生労働省に申請し、厚生労働省から正式に医療機器として認定されている製品だけです。
補聴器は薬事法で定められた管理医療機器として指定されているため、効果や安全性などについて一定の基準をクリアする必要があり、個別の製品ごとに正式な認定を受けなければ製造販売はできません。
また、消費者保護の観点から、販売活動、広告宣伝活動についての制約も受けています。
一方、集音器などは医療機器ではありません。医療機器である補聴器は、医療の本質に直接関与する機器であり、その意味で集音器などとは全く違う製品だといえます。

【使う人に合わせた調整】

難聴の人に快適な聞こえを届けるためには、その人の聞こえの状態をしっかり把握し聴力や聞こえに合わせてきめ細かく調整しなければなりません。
どんな音が聞き取りにくいのか、どのくらい増幅すると聞きやすくなるのか、どの程度雑音を抑える必要があるのか管理医療機器である補聴器は、さまざまなニーズに応えられるよう、
使用する人に合わせてきめ細かく調整できる機能が搭載されています。
一方、集音器などは一般的には、使用する人に合わせて細かく調整する前提で製造された製品ではありません。

補聴器のしくみ

補聴器の役割は、聴力が低下した人の「聞こえ」を補うことです。
そういう意味では、補聴器は、入って来た音を大きくして伝える機能を持っているということがいえます。
ただし、最新の補聴器は、単に入って来た音を大きくするということだけではなく、入って来た音を細かく分析し、さらに、加工して聞きやすくするという機能も持っています。音を加工することで、うるさいと感じる音を抑えたり、不快に感じる音をできるだけそう感じないようにしたりします。
補聴器の基本的なしくみは、〔マイク〕で音を集めて、〔アンプ〕で音を増幅・加工し、〔レシーバー〕で音を出すということになります。
補聴器には、耳あな型、耳かけ型をはじめさまざまな形状とタイプがありますが、基本的なしくみは変わりません

補聴器のしくみ

【マイク】

音はマイクから補聴器に入ります。補聴器は非常に小さいので、搭載されるマイクも可能な限り小さなサイズのものが使用されます。
そして、高感度、高性能なマイクが必要です。補聴器の器種によっては、マイクを2つ搭載し、音を拾う範囲を調整する役割を持たせたものもあります。マイクは補聴器に入ってきた音を電気信号に変換する働きを持っています。
変換された電気信号はアンプに伝達されます。

【アンプ】

マイクから入ってきた音は、電気信号に変換されてアンプに入ってきます。
アンプの大きな役割は、入ってきた音の増幅です。最近のデジタル補聴器では、単純に音を大きくするだけでなく、入ってきた音の強弱、高低、方向といったさまざまな要素を考慮しながら増幅が行われます。また、増幅する際に、不要な雑音を抑えて語音を強調させるようにすることで、より快適な聞こえを提供できるようになっています。
そして、アンプで増幅、調整された音の電気信号は、レシーバーで再び音に変換されます

【レシーバー】

アンプで増幅、調整された電気信号を再び音に戻し、鼓膜に届けるのがレシーバーの役割です。
マイク同様、補聴器のサイズに合わせて可能な限り小さく高性能、高機能なものが搭載されています。

補聴器のさまざまな機能や特徴

最新の補聴器は、さまざまな環境で快適な聞こえを届けるためにさまざまな機能が搭載されています。
また、高性能、高機能であっても取扱いや操作が難しくならないようにいろいろな工夫がされています。

【音量や音質を周囲の環境に合わせて自動調整】

補聴器を使用している周囲の環境に合わせて補聴器が自動的に音量や音質を調整してくれるので、
環境が変わっても特別な操作をしなくても快適な聞こえを届けることができます。
私たちは毎日さまざまな環境の中で暮らしています。一日の中でも、静かな家の中、雑踏の中、電車や車の中など周囲の環境はさまざまに変化します。また、職場での打合せ、レストランでの友人との食事、家での家族との会話など、会話をする場合の環境もさまざまです。
最新の補聴器は、周囲の環境の変化に合わせて最適な音声処理を絶えず行って、ベストな聞こえを届けてくれます。

【使う人お一人おひとりに合わせてきめ細かい調整が可能】

補聴器は、使う人の聴力や聞こえの状態に合わせてとてもきめ細かく設定や調整をすることができます。
そして、使う人の状態に合わせてしっかり調整することで、持っている性能を最大限に発揮することができます。
購入時はもちろん、購入後もさらに繰り返し調整を重ねることによって、本当に使う人にぴったり合った補聴器になっていきます。
「どんな音が聞き取ににくいのか」「どんな時に不自由を感じているのか」といった情報を把握した上で、
「どの高さの音をどの位増幅させると快適に聞こえるのか」、「どの高さの音は、増幅させすぎるとうるさく感じてしまうのか」という点などを考慮しながら、調整はコンピュータを使って行われます。導き出された補聴器の調整データは、コンピュータに記憶されるので、きめ細かな調整を繰り返していくことで、より使用する人に合った快適な聞こえを提供できるようになります。

【ピーピー音を抑える】

補聴器を使っていて困ることの一つが「ハウリング(ピーピー音)」です。
ピーピー音は電話を使っている時や、補聴器を耳に入れる時、食事などで顎を大きく動かした時などに置きやすいのですが、最新の補聴器には、ハウリングの発生を抑える機能が内蔵されており、不快なピーピー音を軽減してくれます。

【使用環境に合わせてプログラムを切り替えられる】

基本的に補聴器は使用している周囲の環境に合わせて自動的に音量や音質を調整してくれるようになっていますが、補聴器ユーザーが自分のいる環境に合わせて聞こえ方のプログラムを切り替えることのできる機能を搭載した器種もあります。

【リモコン】

リモコンを使えば、音量の調節や聞こえ方のプログラムの切替を手元で簡単に行うことができます。

【音声ガイダンス】

電池切れの警告や、選択されているプログラムの状態などを、音声で知らせてくれる便利な機能です。
毎日の生活における補聴器のメリット
補聴器は、毎日の生活にさまざまなメリットをもたらしてくれます。
それでは、補聴器はどんな場面でどんな風に役立つのでしょうか。

【言葉をはっきりと届けてくれる】

聴力が低下してきた際に一番困るのは、言葉が聞き取りにくくなることです。
特に、周囲が騒がしい場所で会話をする時などはどうしても相手の言葉を聞き取ることが難しくなってきてしまいます。
最新のデジタル補聴器には、入ってくる音を細かく分析することで、人の音声と周囲の騒音を識別し、騒音を抑えて人の言葉を強調する機能が搭載されています。
そのために、まわりが騒がしい環境でも話し相手の声が聞き取りやすくなります。
また、大勢の人が周りで会話をしている状況では、横や後ろの声が邪魔をして、正面にいる相手の声が聞き取りにくい場合があります。このような場面でも、前方からの音を優先して聞こえやすくして、それ以外の方向からの音を低減する指向性という機能が搭載された補聴器なら、一番聞きたい相手の声を聞き取りやすくしてくれます。
何より、言葉がはっきり聞こえるようになると、家族や友人と話をすることが楽しくなります。
そして、毎日がより楽しく充実したものになることでしょう。

【小さな音が聞こえるようになる】

子供のささやき声、小鳥のさえずり、小川のせせらぎ、波の音・・・。
補聴器をつけると、聴力の低下によって聞きえなくなってしまっていたさまざまな音が聞こえてきます。
自分の身の回りにこんなにたくさんの音があふれていたことに驚くでしょう。そして、外に出かけることがもっと楽しくなるはすです。
また、たくさんの音が聞こえるようになることで、脳への刺激が増え活性化されるとも言われています。

【テレビや電話をよりいい音で楽しめる】

最新の補聴器には、最先端のワイヤレス通信技術によって、テレビや携帯電話の音声を直接補聴器に届けることができる機能を搭載したものもあります。音声が無線で直接補聴器に送られるので、ボリュームの大きさを気にすることなくご家族と一緒にテレビを思う存分楽しむことができます。もちろん、音声はクリアで高音質、映像とのズレもありません。
また、携帯電話の相手の話し声も補聴器に直接届くため、周囲の音を気にすることなく、より会話に集中することができます
※別途アクセサリーが必要となります

【危険の察知がしやすくなる】

言葉が聞き取りやすくなり、会話が楽しくなる。身の回りのさまざまな音が聞こえるようになって、毎日の生活に張りが出てくる。補聴器をつけることのメリットはたくさんありますが、危険を未然に防ぐのを助けてくれる効果もあります。
聴力が低下してくると、特に後方から近付いてくる車や自転車の音が聞こえにくくなるために、接近に気付くのが遅れがちです。補聴器から入ってくる音によってしっかりと自分の周囲の状況を把握することが、危険を未然に回避することにも役立ちます。
※補聴器は、個々の難聴や聞こえの程度に合わせてフィッティング(調整)が必要です。
装用者の状態によっては効果が異なる場合があります

ページの先頭へ