メガネのオオツカ/山形県高畠町

【視力検査について】

当店の視力検査内容と流れについて

1 問診
どんな時にメガネを使いたいのですか
いつ頃から、見にくくなったのですか
目の病気で治療中はありませんか
体の病気・特に糖尿病はありませんか
2 瞳孔距離測定
瞳の左右の距離をデジタル測定器で調べます
測定器を覗きますと緑色の丸印を見つめて下さい
LED光源ランプで見やすく、左右別々に測定して、瞬時に終了します
3 裸眼視力検査
裸眼での視力検査です。目を細めたりしないで下さい
5メートル視力表で遠点視力検査をします
次に、近点検査表で近点視力検査をします
4 現在使用中のメガネでの視力検査
現在使用中のメガネでどの位見えているか測定します
5メートル視力表で遠点視力検査をします
次に、近点検査表で近点視力検査をします
5 利き目検査
手にも右利き・左利きがあるように、目にもあります
測定板を両手で持っていただき、両目を開けて5メートル先の視力表を見ていただきます
右目か左目で見ているか3回測定します。
6 カバーテスト& アンカバーテスト
点光源を見つめていただきます。左右の目の前にカバーを掛けて調べます
左右の目の動きを観察して斜位の向きと量を測定します
7 色弱検査
希望により測定します
色覚異常検査表を用いて行ないます
8 他覚検査
測定器に顎と額をしっかりとつけていただきますと、覗き穴に海原に浮かぶヨットが見えてきます
目を動かさないで、ヨットを見つめていただきますと、自動測定します
時には、レチノスコープで他覚検査をします
9 自覚検査
これより大事な視力検査に入ります
目を細めたりしないで下さい
測定器で最高視力矯正値を測定します
10 両眼開放検査
ここからは、テスト枠での検査です
両眼融像視の状態で測定するオクルージョン法で行ないます
11 両眼調節バランス検査
両眼を雲霧状態にして、調節力を取り両眼のバランスを測定します
12 両眼視機能検査
同時視・立体視・輻輳解散・不等像視・斜位検査などを測定します
13 深視力検査
大型免許・両眼視機能検査で異常のある方・ご希望の方に測定します
深視力測定器(三桿法)で検査します
3回測定して、平均誤差2センチ以内でしたら大型免許は大丈夫です
14 調節力検査
どこまで近くのものにピントを合わせることが出来るかの検査です
完全矯正値メガネで、調節力を測定します
15 近用検査
ひらかな万国式近点検査表(近距離視力表)で測定します
16 装用テスト
処方度数で、再度矯正視力測定をします
テスト枠装用で歩行・階段などで違和感などがないか調べます
約30分の測定時間です。お疲れ様でした

【最新の視力測定器導入】

最新の視力測定器

最新の視力測定器

当店では、快適な”視”生活を提供する最新の視力測定器システムを導入しました
自覚測定でお客さまとのコミュニケーションを重視した設計や新機能を充実装備。

米国式21項目をさらにバージョンアップ

最適なプリズム処方を算出する「シェアードの基準」を搭載しました
斜位測定後は斜位に対する余力を測定し、最適処方プリズムを測定します

チルト機能
LED照明
独自の「スマートクロス® 」でより正確に測定します

チルト機能

近用測定を行う際に、お客さまが普段通り自然な姿勢で見れるようにヘッドを傾けることができます。
傾斜可能角度も広く、お客さまの姿勢に合わせて調節できます

LED照明

ヘッドの上部にLED照明を内蔵。
近用測定時、暗くて見づらい場合でも、LEDで明るく視標を照らし測定を行なう事ができます

独自の「スマートクロス® 」でより正確に測定します

お客さまの乱視度数に合わせた最適比較を行い、従来に比べ最短比較回数で決定します。
クリアな像とぼやけた像を意図的に作り出すことで、お客さまが答えやすい比較を行います。

アクティブチャート

乱視、斜位、立体視の測定では、視標に動きが加わるオリジナルの「アクティブチャート」を搭載。
従来とは異なる新しい測定確認で、検査をスムーズに行えます。
例えば立体視では大型二種免許の立体視テストを疑似体験することも可能です。

アクティブチャート

ウスカルメガネに興味のある方は、クリックしてご覧下さい

強度近視 ウスカル会

【案外知られてない"視力表"の話】

視力検査表いろいろ

視力検査表の「C」の文字のような輪っか。これは「ランドルト環」という視標です。
スイスの眼科医エドマンド・ランドルトによって考案され、1909年(明治42年)に国際的な標準視標として採用されました。
しかしこのランドルト環、必ずしも世界唯一の視標ではないのです。
例えば中国で広く用いられているのは、ランドルト環ではなく、アルファベットの「E」を視標として用いた「Eチャート」と呼ばれる検査表また、欧米では複数のアルファベットが並んだ「スネレン指標」と呼ばれるものが普及しています。

※これがEチャートです

※これがEチャートです

日本でも独自に、様々な視力検査表が眼科医達によって考案されています。
ランドルト環とカタカナとを視標として組み合せた石原忍医師による「石原式」や、ひらがなと組み合わせた中村康医師の「中村式」は、誰もが保健室や病院などでお世話になった事があるのでは。
また、ひらがなの他に、平行に並んだ二匹の魚のシルエットがある山地良一医師考案の「山地式」も皆さんご存知の筈。
「あれ、指されたら何て答えれば良いんだろう…」と悩んだ方も多いのではないでしょうか視標を並べただけのシンプルな検査表。
一見簡単に作られたようですが、実はそのどれもが、文字選択の正当性、字体のバランスや簡潔さ、美しさについて、各医師が熟考し、幾度もの改定を経て作られたものなのです。
ちなみに、ひと昔前は斜めに切れ目があるランドルト環が表記され、「右斜め上」「左斜め下」などと答えていたのですが、現在は被験者が答えにくい、という理由で「上、下、右、左」の表記のみになってしまったそうです。

日本のゆかしき検査表

さて、遠距離の視力を測る検査表の他に、近距離用の視力検査表もご紹介しましょう。これは老眼や遠視を測定するため、薄い冊子を手に取って読ませる検査表ですが、「石原式」の近点検査表には、
何と視標として俳句や和歌がずらりと並んでいますこの検査表を考案した石原医師は、明治、大正、昭和にかけて活動した眼科医界 の代表的存在ですが、三歳の時母親から百人一首を一日一首憶えさせられ、百日で全てそらんじてしまったという逸話の持ち主でもあるそうです。

「古今集」「新古今集」の歌がずらり

「古今集」「新古今集」の歌がずらり

さらに、中村医師の「中村式」にも、西行や藤原定家、源実朝の歌などが視標としてずらり。
「駒とめて袖うちはらうかげも無し…」今後検査を受ける方に憶えてしまわれてはいけませんので表記はここまでにいたしますが「新古今集」にある冬の寂しい光景を詠んだ定家の歌です。
検査で読まされているうちに、しみじみと「あはれ深い」気持ちになってしまいそうですね。
検査にことよせて、こうした典雅な歌を載せた医師達は、理系の頭脳を持ちつつも、また日本の古典文学を愛した人達だったのかもしれません。