メガネのオオツカ/山形県高畠町

【老眼の話と近点距離と調節力】

老視とは

年をとるにしたがって近くの物が見えにくくなることをいいます
近くの物を見る時には、眼は水晶体(カメラのレンズのような働きをする部分)の厚みを増加させる「調節」という機能によりピントを合わせます
しかし、年齢とともに水晶体は硬くなるので調節しにくくなります
そのため、近くの物にピントを合わせられなくなります
読書に必要な調節力はおよそ3~4D(ディオプターという単位で表す)なのでだいたい45歳くらいから老視の症状が出てきます(正視の場合)。

遠視の人は近くを見るのにより調節力が必要なため老視になる年齢が早くなります
反対に近視の人では遅めになります。
よく「近視の人は老眼にならない」と誤解されていますが、正しくは「元々近くにピントが合っているので調節する必要がない」ために、「見かけ上、老眼になっていない」ようにみえるだけなのです。

近点距離とは

近点距離のチェック方法

  • ① メガネやコンタクトをつけたまま、片目を覆います。
  • ② もう片方の目の前に人差し指がボケるところまで近づけます
  • ③ 徐々に指を離していき、指のしわがはっきり見える、ピントが合った位置で止めます。ピントが合った時の距離が近点距離です

調節力と老眼

調節力は、年齢に密接に関係してきます。
水晶体(レンズ)は年齢とともに弾力性が失われ、だんだんと硬くなるために、
水晶体を薄くしたり厚くしたり(ピント合わせ)することが困難になるからです
調節力は、年齢とともに小さくなります
45歳頃より水晶体の弾力性はかなり失われ、
近くを見る為に必要な調節ができなくなります。
これが、老眼とよばれる症状です

年齢別の平均的な近点距離と調節力

調節力(D)の計算方法=1÷近点距離(cm)×100

年代別  近点距離(cm)  調節力(D)
10歳 7cm
14.0D
20歳 10cm
10.0D 
30歳 14cm
7.0D
35歳 18cm  5.5D
40歳  22cm 4.5D
45歳 28cm 3.5D
50歳 40cm  2.5D
55歳  67cm 1.5D
60歳 100cm 1.0D
65歳 200cm 0.5D
70歳 400cm 0.25D
75歳 ∞cm 0.0D

隠れ遠視にご注意

近点距離が正常範囲を超えてしまう場合「隠れ遠視」の可能性もあります
隠れ遠視は、老眼(水晶体が老化)が進むにつれ、ものが見えづらくなり、つらい症状が出ますので、気をつけましょう
「隠れ遠視」は軽度の遠視で、自分では遠視とは知らずに生活している人も多いようです
遠視とは、焦点が目の奥で結ばれているために、近くも遠くもはっきりとは見えにくい状態の目のことをいいます
遠視の人は、近くを見続けることで、毛様体筋(水晶体を調整し、焦点を調節する筋肉)に疲労が蓄積してきます。
近視の人でも隠れ遠視と同じ状態の人もいます
それは、過矯正(適正以上のメガネやコンタクトを使用している)によって起こります