メガネのオオツカ/山形県高畠町

乱視メガネ

眼球は完全な球体ではなく、人によって大なり小なり歪みがあるものです。

角膜の歪みがごく小さく、視力に影響を及ぼさない場合がほとんどですがその歪みが強くなるとピンボケを引き起こします

多くは角膜が楕円形になり、縦軸と横軸のカーブが異なるために縦方向と横方向のピントがずれてしまい、物がぼやけたり像がにじんだりします

乱視になると水晶体が屈折力を調節してもピントが合わないため、見にくくなったり、眼精疲労が起こりやすくなります。

正乱視は縦方向と横方向のカーブが異なるために起こる乱視です。

多くの乱視は乱視メガネで矯正できます。

不正乱視は角膜の病気やけがで角膜表面に歪みが生じて起こります。

子どもの乱視は放置すると弱視になったりするので、注意が必要です。

強度乱視の方には【ウスカルメガネ】をおすすめします。

ウスカルメガネでつくりますと、レンズ厚みが薄く軽く仕上がります。

また、掛け具合も良く。ゆがみの少ない快適なメガネに仕上がります。

乱視メガネ研究会公式ホームページに興味のある方は、クリックしてご覧下さい

乱視メガネ研究会公式ホームページ

ウスカルメガネに興味のある方は、クリックしてご覧下さい

強度近視 ウスカル会