メガネのオオツカ/山形県高畠町

【視力矯正手術レーシック】

視力矯正するレーシック手術の最新情報

レーシック手術の被害情報5年で80件、目の痛みや矯正のしすぎ/消費者庁

近視矯正のレーシック手術による目の痛みなどのトラブルが、過去5年間で80件報告されていると、 消費者庁が4日発表しました。レーシック手術を受ける前にリスクを十分に理解するよう、同庁は呼びかけています。

消費者庁が国民生活センターと連携して運用する「事故情報データバンク」には、レーシック手術に関する被害情報が2009年度以降、毎年10件以上寄せられているとのことです。
累計80件のうち7件は消費者安全法の重大事故等として公表されています。

被害の自覚症状は、矯正のしすぎによる遠視が最も多く、ほかに乱視、光をまぶしく感じる、ドライアイ、目の痛みなど。遠視が原因の頭痛や吐き気などの体調不良も報告されています。

重大な被害例としては
「手術直後から2カ月間、目の表面に激しい痛みがあり、寝たきりの状態になった」(40歳代女性)、「レーシックによる角膜の削り過ぎで遠視にされ、目の周りの筋肉が常時痛む」(30歳代男性)などがあるとのことです。

また、レーシック手術経験者600人を対象に消費者庁が今年11月に実施したアンケート調査によると、
「希望した視力になった」人が74.3%、手術後に視力以外の症状や不具合が生じていると回答した人は43.2%でした。

レーシック手術とは、特殊なレーザーで角膜を変形させることによって視力を回復させる屈折矯正手術のことです。

2013年12月4日 消費者庁配信

◇消費者庁が注意喚起

レーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けましょう!
-希望した視力を得られないだけでなく、重大な危害が発生したケースもあります。

事故情報データバンク(注1)には、レーシック手術(注2)を受けて危害が発生したという情報が80件寄せられています(平成25年11月8日までの登録分)。
発生している症状は、過矯正による遠視が最も多く、それに伴う頭痛や吐き気等の体調不良により日常生活に支障を来しているケースがみられます。また、乱視、光をまぶしく感じる、ドライアイ、目の痛みなどの症状が発生しているケースもあります。

レーシック手術については、ハロー・グレア(注3)や不正乱視(注4)、ドライアイなど、手術後に様々な合併症が起こり得ることが知られていますが、手術による様々なリスクについて医療機関から十分に説明を受けていないおそれのある消費者もみられます。

また、消費者がレーシック手術を受けるきっかけとなった情報の約4割は医療機関がインターネットで発信する情報(医療機関のウェブサイト及びインターネット広告)でしたが、これらの情報の一部には、関係法令に抵触するおそれがあるものもみられました。

レーシック手術を検討する際は、安易に手術を受けることは避け、インターネット等から得られる情報を十分に吟味しましょう。また、手術を受ける際は、リスクについて医療機関から十分な説明を受けて理解した上で、
本当に手術が必要かどうか、よく検討する必要があります。

  • (注1)消費者庁が独立行政法人国民生活センターと連携し、関係機関より「事故情報」、「危険情報」を広く収集し、事故防止に役立てるためのデータ収集・提供システム(平成22年4月1日運用開始)。
  • (注2)本資料におけるレーシック手術とは、レーザーを用いて角膜を変形させる屈折矯正手術のこと
  • (注3)光を見たときに、ぼやけて見える現象
  • (注4)角膜の表面に凹凸があるため、眼内で光線が焦点を結ばない乱視

2013年12月4日 国民生活センター配信

2人に1人が近視と言われる近視大国の日本

角膜に手を加えて、視力を回復する≪レーシック≫などのレーザー手術は年々、手法が改良されている高齢者に多い白内障の手術でも、同時に視力を矯正できるようになった新しいタイプの眼内レンズも登場し、視力矯正の選択肢は増えている。

都内に住むA氏(31)は3月、北里大学病院(神奈川)で、視力矯正のレーザー手術を受けた裸眼の視力は0.05で高校時代からずっとコンタクトレンズだった。
最近、友人から〔新しい手法のレーザー治療がある〕と勧められ、踏み切った。手術で目の痛みは感じなかった。
翌日から視力は1.5となり、いまも視界は良好だという。

この手術は、清水公也教授が国内で先駆けて導入したレーシック手術のひとつ≪SMILE≫だ。
通常のレーシックは角膜の表面に薄いふたを作ってめくり上げ、レーザーで内部の角膜を削って視力を矯正する。
ただ、涙に関係する神経線維が切られ、ドライアイになりやすい傾向があった。

北里大学の手法では、特殊なレーザーで角膜にふたを作らないまま内部を切開して3ミリほどの隙間から角膜片を抜き取る。費用は両眼で約20万円。
清水教授は〔この手法だと角膜にある神経を多く切らずに済むためドライアイが抑えられる〕と説明する。

日本でレーザーによる矯正手術は1980年代から始まり、2000年にレーザー機器が医療用具として認められ広まった。

ビーク時には年間50万件あったが、景気の低迷や都内のクリニックで角膜炎の集団感染が起きた影響などで現在は約30万件に減った 。

日本眼科学会は視力矯正の指針でレーシック手術について〔眼鏡・コンタクトレンズの装用が困難な場合〕と慎重な評価をしている。
その理由として、〔痛みやドライアイなど合併症の報告例がある〕〔角膜を削るため、元の通り戻すことや、 やり直しがきかない〕〔50年先などの長期的にどう見えるかデータがない〕と指摘している。

指針作りに加わった大鹿哲郎筑波大学教授は〔手術同様にメガネやコンタクトの質も上がっている。
ドライアイ用の潤いを持ったコンタクトもある。
レーシック手術を受けるか、合併症、リスクを理解した上で決めて欲しい〕と話している。

2013年4月23日 朝日新聞より

● レーシック手術被害について、詳しく知りたい方は
レーシック難民を救う会(レーシック被害者の会)をクリックして下さい

【レーシック手術被害者の会】

近視手術の後遺症対策研究会