メガネのオオツカ/山形県高畠町

【子供用】【ベビー・キッズ・ジュニア】フレーム

TOMATO GLASSES
子供用メガネ
無料進呈中!トマトグラッシーズパンフレット 初めてのメガネ選びは、心配で・・・という方に、ぜひご覧いただきたい小冊子です。

《お子様の視力の変化をすばやくキャッチしましょう!》

文部科学省の“学校保健統計調査-平成22年度結果の概要”によりますと、平成22年度の「裸眼視力 1.0未満の人」の割合は、幼稚園26.43%、小学校29.91%、中学校52.73%、高等学校55.64%となっており、前年度と比較すると高等学校を除いて増加しています。
また、「裸眼視力 0.3未満の人」の割合は幼稚園0.79%、学校7.55%、中学校22.25%、 高等学校25.9%となっており、共に前年度と比較すると、高等学校を除いて増加しています。
視力低下が必ずしも「近視」の原因と考えるのは早計で、2歳~6歳の子供は近視よりも「遠視」の方も重要視しなければいけない問題です。
また、近視の原因として考えられるのは遺伝的な要因と環境的な要因が複雑に絡んでいます。特に現代、コンピューターの普及とともに早期からTVゲームなどに親しむ子供たちにとって、視力の低下は避けられないものとなっております。
そこで大切なのが、お子様の視力に敏感になることです。ほとんどのこどもが「見えにくい」など、自分で視力の異常を訴えるることはありません。そのため、身近にいる大人が注意して視力の変化に気づいてあげる必要があります。また、学習をする姿勢やゲーム、読書を楽しむ環境にも配慮し、お子様とともに目の大切さを考えることも必要なことです。

こどもの視力変化の種類と症状

ものが見えるしくみ図解

ものが見えるしくみ
目に入った光は角膜から水晶体を通り、目の奥にある網膜に焦点が合う仕組みになっています。
網膜で受けた光は、ここで電気信号に変換され視神経を通って脳に伝えられ、物を認識することができます。

近視図解

近視
近くはよく見えるが、遠くがボケてよく見えない目をいいます。
目から入った光が、網膜上の正しい位置でなく、網膜の手前に焦点を結んでしまう状態です。ですから網膜をスクリーンとして考えた場合、ボケた像しか映らないのです。

遠視図解

近視
眼軸(眼球の奥行き)が短いために、目から入った光が網膜の後方で焦点を結んでしまう目をいいます。
遠視の原因のほとんどは目の成長不足と言われており、成長するにつれて改善されることが多いのも特徴的です。
しかし、ぼんやりとした像を見ていることになり、そのままにしておくと結果として視力の発達に影響を及ぼし、弱視や斜視につながることもあります。

乱視図解

乱視
一つの点で焦点が結ばれなくて、ものが広がって見える目のことをいいます。
角膜や水晶帯がラグビーボールのように歪むことによって、目から入る光の屈折がずれ、一点に焦点が合わなくなった状態です。
また近視で乱視の状態を、近視性乱視といい、遠視で乱視の状態を遠視性乱視といいます。

斜視図解

斜視
片方の目の視線が正しい方向に向いていない目のことをいいます。
片方の目は正しく目標とする方向に視線が向いているが、もう片方の目は別の方向(左右、上下)に向いている状態です。
偽斜視といって鼻の成長過程で、まだ鼻根が低いためにあたかも斜視に見えることがありますが、この場合心配には及びません。

弱視図解

弱視
メガネで矯正しても視力が出ない目のことをいいます。
裸眼視力がたとえ0.1であっても、メガネで矯正して0.1以上の視力が出れば弱視とはいいません。
こどもの視力は、毎日目を使って物を見ることで発達してゆきます。
しかし、その発達途中において目の病気などで物が見えにくい時期があると、視力の発達が遅れてしまうことがあります。この状態のことを弱視といいます。

こども用メガネの選び方

まず、軽くて丈夫であること

メガネに慣れていないお子様でも、嫌がらずに掛けられるよう、軽いメガネを選びましょう。
また、活発なお子様はメガネをつぶしたり、曲げたりしてしまうことがしばしばありますので、壊れにくいメガネがいいのです。
万が一、メガネが曲がったり変形した場合も簡単に修正できるメガネがおすすめです。
また、レンズが入るとさらにその重さが加わりますので軽いフレームにすることは第一の条件です。

掛け心地がよくて、ズレにくいもの

元気なお子様は、動き回ることが多いので、メガネがずれることが多いのです。
メガネがずれるとレンズの光学中心から視線がはずれてしまうので、正確な視力矯正ができなくなってしまいます。ずれにくいメガネをお選びください。
必要であればヘッドバンドを着用することも考えましょう。

アフターケアが充実していること

メガネの一部分だけが破損した場合、全体を交換するのではなく部品単位で交換ができれば経済的な負担が少なくなります。
フレームを選ぶ際には、各部分が交換できるパーツを取り揃えてあるかどうかの確認も必要ですね。

メガネをかける必要性

年齢と視力の発達の推移図解

年齢と視力の発達の推移
生まれたばかりの赤ちゃんの眼の大きさは直径約17.5mmで、3歳までに22.5mmになり、成人で24.0mmになるます。
生後1ヶ月では光を感ずる(光覚)程度で、2ヶ月で眼前に動くものに反応し(手動弁)、4ヶ月で視力0.02、6ヶ月で0.06位の発達であるといわれています。
それから、1歳頃の視力は0.2、2歳で0.5位、6歳で1.0となり、ほぼ完成に近い視力が得られ、8~9歳で視機能の発達はほぼ完了します。
もし、遠視や乱視などにより物をはっきり見れないと、色を見分けたり両目できちんと物を見ることができず視力が発達しません。
このためにメガネをかけて矯正することが必要です。

こんな状態を見逃さない!図解

こんな状態を見逃さない!
①本などを目の間近で見ている
②目を細めるように物を見ている
③いつも首をかしげて見ている
お子様がこのような状態に気づいたら、相談しましょう。
こんな状態を見逃さない!
お子様にとってのメガネはファッションではなく、視力の発達に関わる問題を解決するための大切な道具なのです。
ですから、お子様のメガネフレームを選ぶときは慎重になりたいものです。

幼児からのメガネフレーム【トマトグラッシーズ】

お子様のことを考えたのは、素材や掛け心地だけではありません。【トマトグラッシーズ】のフレームはサイズ・カラー・デザインも豊富にラインナップしていますので、お子様の成長や個性に合わせてお選びいただけます。
特に安全性、機能性面からもすぐれた特長を持つフレームですので、お子様用フレームとして【トマトグラッシーズ】は、おすすめです。

こども用メガネ トマトグラッシーズの優れた特徴

安心・安全な素材を採用

「トマトグラッシーズ」のフレームは弾力性に優れているので、お子様がメガネに瞬間的な強い力を加えてもすぐにもとの形に戻ります。(「トマトグラッシーズ・ベビー」のテンプルは、デリケートな赤ちゃんのために柔らかい別素材になっております。※熱可塑性ポリエステルエラストマー使用)
フレームの材質は、医療カテーテルや哺乳瓶などに使用されている日本食品衛生に合格しているものを使用していますので安心です。

【ご注意】フレームにアルコール(エタノール・メタノール)を含む液体・薬品等が付着しないようご注意下さい。劣化や破損、変色の原因となります。

軽量なフレーム

各フレームは非常に軽く、レンズを入れてもメガネの総重量は軽量になります。
※遠視の場合、レンズの中心が厚く重くなりますので、薄く設計されたレンズをおすすめします。
《種類別フレーム重量》
 トマトグラッシーズ・ベビー : 6.3g
 トマトグラッシーズ・キッズ : 7.0~8.5g
 トマトグラッシーズ・ジュニア : 8.5~9.5g

長さを調節できるテンプル

お子様の頭に合った長さに細かく調整することが出来ますので、よりフィットしたメガネを掛けていただけます

ズレにくい鼻パッド

「トマトグラッシーズ」の鼻パッドの高さを三段階に調整できます。
(※「トマトグラッシーズ・ベビー」は五段階に調整できます。)
変形が少ない特殊な樹脂とシリコンでできていますので、お子様のお肌にやさしく、またパッドにズレにくい溝加工を施していますので、滑べらずズレにくくなっています。

バンドを取り付けてより安定に

お子様の動きが激しく、すぐにメガネが外れて落としてしまう場合は、専用のバンドを取り付けることができます。また、運動するときにも大変便利です。
特にレンズが重くなる場合、バンドをすることでメガネ全体のバランスを安定に保つことが出来ます。(+5.00D以上の度数)
※グラッシーズ・ベビーのみバンドが付属されております。他は別売りになります。

こどもの頭に合わせたフレーム設計

掛け心地をより良くするために、お子様の頭の形状に合わせた設計で製作しています。

こどもの視線の邪魔にならないレンズ設計

レンズの形に余分な空間をなくしたジャストフィット設計です。

流行にとらわれないデザイン&カラー




全フレームに可愛いケース(約横150×幅70×高さ60mm)とメガネ拭きが付属しております。






最新情報

視力検査、3歳児健診で…厚労省が周知要請

2017/7/26

子どもの視力、6歳までにほぼ完成

厚生労働省は、3歳児健康診査(健診)で市町村が視力検査を行うよう、各都道府県への文書で周知を要請した。
3歳児健診で遠視や近視、乱視などが見逃されると、治療が遅れて十分な視力が得られないための措置。

文書では、子どもの視力は6歳までにほぼ完成するため、異常をチェックし、治療につなげる3歳児健診の役割を強調。
また検査を行う際、3歳ではランドルト環(Cの文字のような記号)を使った視力検査を理解できない子どももいることへの注意を促した。

「受診勧められたら、軽く見ないで」

視力「0.5」を下回る場合や、検査を受けることができなかった場合は、保護者に医療機関への受診を勧めることも明記した。
日本眼科医会常任理事で福田眼科医院(東京都中野区)院長の福田敏雅(としまさ)さんは「検査で受診を勧められたら、軽く見ないで、眼科を受診してほしい」と話している。