メガネのオオツカ/山形県高畠町

【弱視メガネ】と保険適用について

【弱視とは】

社会的弱視と医学的弱視があります

社会的弱視とは、両眼ともに視力障害があって治療回復が見込めず、 メガネ等で矯正しても最大矯正視力が0.3未満または、視野狭窄で学校や社会生活に著しく支障がある場合は弱視学級や盲学校での教育を受けることになります。

医学的弱視とは、病理的な器質的異常を伴わない視力障害でメガネ等で最大矯正視力が1.0未満をいいます。
医学弱視の原因には以下のことがあります。
視機能の発達が完成する6歳頃までの幼児期に適切な処置を行えば弱視を克服できる可能性があります。

斜視弱視

斜視があって片方の目があまり使われないことで視力発達障害が起きます。
両眼で立体的に物を見る両眼視機能の発達も不十分であることが多いです。
視手術をしたり、プリズムメガネを掛けて、弱視と両眼視機能の改善をはかります。

屈折性弱視

強い遠視・乱視・近視などの屈折異常が原因です。
網膜に、はっきりした像が結ばないため矯正視力が不十分になります。

不同視弱視

左右の度数差が強いと片眼が弱視になることがあります。
メガネ装用することで、視機能の発達を促し弱視の改善をはかります。

遮蔽弱視

幼児期に片眼眼帯を継続しすぎると、視力障害が起きます。
良く見えるほうの目をカバー(アイパッチ)する治療で改善をはかります。

【子供の目の異常チェック】

① 片目を隠すと嫌がる
② 絵本を顔に近づけて見る
③ 何度言ってもテレビに近づけて見る
④ 目を細めてものを見る
⑤ 屋外で片目をつぶる
⑥ 頭を傾けたり、あごを引いたりして見る
⑦ 階段を下りるときに慎重になる
⑧ ボールを受け取るのが苦手

【チェック項目で考えられる事】

①②③は、強い遠視・乱視・弱視のほか、白内障・網膜疾患などが考えられます。
④は、近視が考えられます。
⑤⑥⑦⑧は、斜視に見られる特徴です。

【早期発見・早期治療】

弱視は、成長の途中で目の発達が止まると弱視になります。
小さな子供は、自分の症状をうまく伝えられません。
周りの大人が早めに異常に気づいてあげることが大切です。
また、自冶体にもよりますが3歳児健診で見つかることもあります。
6歳から8歳までに治療を終えないと、矯正視力が出にくくなります。

治療法は、基本的には眼鏡の装用、また、その上で視力のよい方の目を一定時間ふさぎ(アイパッチ)、弱い方の目を使うことで視覚機能を高める方法です。
斜視や原因疾患の除去のため手術を行うこともあります。

【保険適用について】

平成18年4月1日より、9歳未満の子供さんの
弱視・斜視・先天性白内障などの治療用眼鏡に対して
健康保険の適用となり、弱視治療用眼鏡代金が療養費として
償還払いで支給対象となりました

対象

①弱視治療用眼鏡である眼科医の証明書があること
②なおかつ9歳未満であること
注意 *治療用でなく視力矯正用眼鏡は対象外です
*アイパッチ・フレネル膜プリス゜ムは対象外です

どこに申請

加入している健康保険(社会保険・国民健康保険・健保組合・共済組合など)
わからない場合は、お住まいの社会保険事務所・各市町村の健康保険窓口までお問合せ下さい

申請に必要なもの

①弱視等治療用眼鏡等作成指示書(眼科医発行の証明書)
②療養費支給申請書(加入している健康保険窓口にあります)
③眼鏡代金の領収書(眼鏡一式の上限金額は38,461円です/平成26年4月1日改訂)

  • 眼鏡代金は全額(眼鏡店)にお支払い後、申請後払い戻しされます
  • なお、各保険組合により自己負担金が異なりますので、各窓口までお問合せ下さい
  • 市町村により、乳幼児等医療費の助成を適用される場合があります
  • 助成制度を受けると、自己負担金が払い戻しされる事もあります

④申請後の払い戻しは、基本的に銀行振込ですので口座番号・銀行印をお持ち下さい

再申請

①5歳未満は、前回の適用から1年以上経過していること
②5歳以上は、前回の適用から2年以上経過していること

  • ただし、上記以外でも医師の判断により度数変更の指示が出された場合は再申請が認められる場合もあります
  • 詳しくは、各保険窓口までお問合せ下さい


詳しくは、日本眼科学会ホームページをご覧ください
http://www.nichigan.or.jp/member/syaho/ryoyohi.jsp

弱視等治療用眼鏡等作成指示書をコピーできます
http://www.nichigan.or.jp/member/syaho/ryoyohi_siji.pdf

乱視メガネ研究会公式ホームページに興味のある方は、クリックしてご覧下さい

乱視メガネ研究会公式ホームページ

ウスカルメガネに興味のある方は、クリックしてご覧下さい

強度近視 ウスカル会