メガネのオオツカ/山形県高畠町

【白内障メガネ】

白内障の点眼薬投与、効果に科学的根拠なしと厚生労働省が診療指針

世界の失明原因の一位で八十歳代での罹患率がほぼ100%に達する白内障に対し、国内で広く使われている薬は『有効性に十分な科学的根拠がない』とする診療指針を、厚生労働省研究班がまとめた。
2003年6月27日から京都市で開かれる日本白内障学会で公表した白内障は、目の水晶体が老化などで濁るために起き濁った水晶体を除去して人工レンズを挿入する手術療法が有効で、指針は手術を治療の中心とした。

日本では、症状悪化を防ぐため点眼薬のピノレキシン、グルタチオン、内服薬のチオプロニンや一部の漢方薬が使われている。約20年前に認可されたものがほとんどで最新の方法では評価を受けていなかった。
外国では、白内障に有効な薬はないとされ、薬物治療は行なわれていないという。

では、どのように対処すれば良いのでしょう。
世界で最も信頼されている医学書『メルクマニュアル』によると『メガネの度数をこまめに合わせて必要視力を確保すること』と書いてあります。

白内障術後用保護メガネ・紫外線カットレンズ仕様

8275
【男性用】
品番 8275
サイズ 53口15-140
フレームカラー クレー
レンズカラー ブラウン50%

8271

【男性用】
品番 8271
サイズ 52口17-140
フレームカラー ブラウン
レンズカラー ブラウン50%

8279
【女性用】
品番 8279
サイズ 50口16-135
フレームカラー ゴールド
レンズカラー ブラウン50%

8276

【男性用】
品番 8276
サイズ 53口16-138
フレームカラー ピンク
レンズカラー ブラウン50%

●写真の都合上、実際の商品と色合いが若干異なる場合がございます。
●掲載商品が、万一品切れの場合は取寄せとなりますご容赦ください。