メガネのオオツカ/山形県高畠町

【コンタクトレンズ併用メガネ】

コンタクトレンズを使用して、帰宅後にメガネに変えるメガネをコンタクトレンズ併用メガネと言います。

コンタクトレンズ、長時間使用すると角膜に負担がかかります。

一生使う大切な目です。出来る限り角膜に負担を減らすには、メガネに切り替えることです。

コンタクトレンズ併用メガネとうまく使い分け、角膜をいたわりましょう。

コンタクトレンズ併用メガネの作り方について。

① ご来店の前にコンタクトレンズのデータ(空箱に記入)と使用中のメガネをご持参下さい

コンタクトレンズ併用メガネ処方の参考になります

② コンタクトレンズを装着の状態でご来店下さい

※メガネ検査でコンタクトレンズをはずしますので、コンタクトレンズケース等をご持参下さい

コンタクトレンズ脱着後すぐに使用するメガネです
メガネ検査も同じ条件で、コンタクトレンズ脱着後すぐの検査が望ましいです
また、コンタクトレンズ脱着直後に近点視力表で十分な視力が出ることが条件です


コンタクトレンズ装着の状態や眼疾患などがある場合は、後日の検査になります
例えば 目が充血している方
朝起きて、目やにが多い方
コンタクトレンズ脱着後、雲霧状に見える方
コンタクトレンズ脱着して時間経過とともに視力が変る方

③ メガネ処方について

今後もコンタクトレンズを使用して、帰宅後にメガネを使用したい方は
コンタクトレンズの視力より、メガネの視力は弱めに合わせます。その理由は
コンタクトレンズの場合は強め処方しても違和感がありませんが
メガネの場合は、レンズと目の間隔・レンズの収差等により違和感が出る場合もあります
違和感を少なくするためメガネ処方は弱めに調整します

コンタクトレンズをやめて今後メガネにしたい方は
個人差もありますが
コンタクトレンズを長年使用しますと角膜形状が変化している場合があります
コンタクトレンズ角膜形状が正常に戻るまで相当な時間が必要な場合があります
その場合は、最初に予備メガネを作ります。正常に戻られたら再検査をしてレンズ交換をお願いしてます

④メガネの選び方

近視マイナス3Dまで乱視2Dまでの方
違和感の少ないメガネを望む場合は、出来る限り小さめのメガネを選んでください

近視マイナス3D以上乱視2D以上の方
違和感が非常に強く感じられる方が多くなります
ウスカルメガネをおすすめします

ウスカルメガネとは

強度近視の方、小顔の方に開発されたメガネです
強度近視の方は、レンズの厚みが非常に気になります
また、強度になるとレンズ収差などで物がゆがんで見え違和感があります
ウスカルメガネは、レンズの厚み・違和感を解消します
強度近視の方には是非ウスカルメガネをおすすめします

ウスカルメガネに興味のある方は、クリックしてご覧下さい

強度近視 ウスカル会

【コンタクトレンズ 情報】

コンタクトレンズによる視力障害【スペクタルブロー現象】

コンタクトレンズをはずしたあと、かすむ・ピントがあわないなどの症状がでます
また、メガネ矯正視力検査で視力が出にくい視力障害がでます

通常、コンタクトレンズを長年使用者に出やすくなります。特にハードコンタクトレンズ使用者に多く見られます。
コンタクトレンズによる角膜圧迫による角膜曲率の変化・酸素欠乏などによる角膜浮腫やびらんなどが考えられます。

これらを総して【スペクタルブロー現象】と言います。
この現象を解消するには、コンタクトレンズをはずして目を休めるか専門医の治療が必要になります

元の状態に戻すには、個人差もありますがコンタクトレンズをはずして約3カ月程度
中には、1年以上かかる場合もあります

目が充血している、目ヤニが多い、太陽が異常にまぶしい方などは注意が必要です。
受診をおすすめします

目の中にコンタクトレンズ27枚、手術の日まで気づかず 英国で


英国の病院で白内障の手術を受ける予定だった67歳の女性の右目の中に、
27枚のコンタクトレンズが入っているのを医師団が発見して取り除く出来事があった。

女性は目に不快感があったものの、ドライアイや年齢のせいだと思っていたという。
この事例について、医師団が18日までに英医学誌BMJに発表した

女性は昨年11月、この病院で白内障の手術を受ける予定だったが、麻酔をかけようとした医師が、
まぶたの下にある青い塊を発見した

この青い塊は、積み重なった17枚のコンタクトレンズでできていたことが判明。
詳しく調べた結果、さらに10枚のレンズが見つかった

「全員がショックを受けた」「こんな状態は見たことがなかった」。主治医はそう振り返る

女性は35年前から毎月使い捨てのコンタクトレンズを使用していたが、いつからレンズが積み重なっていたのかは不明。
右目のレンズは外そうとしても見つからなかったため、どこかで落としたと思ったと話しているという

一方、左目に問題はなかったといい、右目の方の視力が悪かったことが原因かもしれないと医師は推測する

女性はコンタクトレンズの定期検査は受けていなかったと思われる。医師団はこの事例を教訓として、
定期検査を受けずにコンタクトレンズを使い続ければ、重大な結果を招く恐れもあると警告している

医師団は女性の右目のコンタクトレンズを取り除いた後、白内障の手術をいったん延期。
2週間後、女性が感じていた不快感は大幅に改善され、白内障の手術は無事に行われた

2017.7.18 CNNより

「コンタクトレンズの洗いすぎ」で失明!? 意外と知らない「目」に危険な行為

人体の中でも、最もわかりやすい急所の一つである「目」
自らその急所を痛めつけている人が非常に多いと言うです
目を清潔に保とうとして、洗眼剤などで洗いすぎる人が多いのです

涙には目を守る大事な成分がたくさん入っていますが、それを洗い流すのは目のバリアをなくしているのと同じです
その結果、目が充血したりドライアイが酷くなったりします
今度は充血を取るための目薬に頼る。これが、新たな悲劇を呼ぶのです

目薬の『バイシン』を使ったら、ひどかった充血が一瞬で消えたんです。
これはすごいと思って手放せないでいたら、1年ほどたつうちに効果がなくなり、
前以上に血走った目になっていましたと嘆いてからでは遅すぎるのです

目薬による血管収縮は短期的なもので、薬の効果が切れると血管は拡張します。
血管の収縮・拡張が繰り返されると、血管そのものが太くなり、結果的に目の充血が取れなくなってしまいます
目のトラブルで恐ろしいのはなんといっても失明です

コンタクトレンズによる失明は年間1000人に上るといわれていますが
その最大の原因は、レンズの汚れで角膜に傷がつくことです
一方で、へたに洗いすぎることでレンズについた傷でも、角膜を傷つけます

力を入れて洗うのは、厳禁です。レンズの真ん中だけ薄くなり、度数が変わってしまう事もあります
最悪なのは、手が荒れた人がクリーナーを使わずに水道水でこすり洗いすることです
クリーナーでこすり洗いするのと違い、レンズが傷だらけになります

<やりすぎ厳禁ワースト5>

1位:目の洗いすぎ
2位:目薬の使いすぎ
3位:コンタクトレンズを水道水で洗う
4位:液体酵素剤の使いすぎ
5位:使い捨てレンズに頼りすぎ

2016.9.9 YAHOO Japanより